Microsoft Store (マイクロソフトストア)

HUAWEI MediaPad M5 lite 10 良いです

| コメント(0) | トラックバック(0)

M3lite_M5lite.jpgHUAWEIの綴りが毎回わからない(笑)

米国でHUAWEIに対する排除が高まって、日本も一部で追従しているところもあるようですが、コスパの良いタブレットを購入しようと思ったらMediaPadシリーズの一択だと思っています。

私の場合、MediaPad M3 lite 8 LTE を購入して、主に動画とKindle端末として使っていましたが、昨年末に追加でMediaPad M5 lite 10を購入しました。

写真のように8インチと10インチでは画面の大きさがかなり違います。動画を見たり漫画を見開きで読むのであれば、断然10インチがお勧めです。

いつもliteシリーズを購入している理由は、安価であることと液晶に1920x1200以上を望んでいないからです。

HDの動画サイズは1920x1080なので、1920x1200の解像度で十分なんです。

MediaPad M5 liteを購入した理由として、ペン対応もありました。OneNoteで手書きでメモを書くときに便利です。

M5とM5 liteの違いとしては、3.5mmのヘッドフォン端子が付いてることも有線ヘッドフォン派には嬉しいのではないでしょうか?

Wi-Fi 64GBモデルのコスパが良く、内蔵メモリが4GBと多く、ペンとケースが標準で付いてきます。家で使うことを考えると、LTEが付いていなくても問題ないと思います。

10インチの弱点は大きさと重さです。屋外に持ち出すのであれば、軽さと大きさで8インチがお勧めです。私のM3 lite 8はLTEモデルなのでSIMを挿せば何処でもインターネットに接続できます。

MediaPad M6の国内販売が発表されたとの情報がありました。

前回のAmzon prime dayは、少し古くなったHAUEIの機種が格安で販売されていたので、今夏のAmazon prime dayでMediaPad M5 lite 10が対象となっていたら買いだと思います。

エアトレックのオイル交換をしました

| コメント(0) | トラックバック(0)

mabe.jpをhttps化してChromeのurl欄に鍵マークを表示する

| コメント(0) | トラックバック(0)

mabe.jpのアクセスの通信をhttpsにしたが、Chromeのurl入力欄の左側に「鍵」マークが表示されず、「!」マークが表示されているので原因を調べてみた。

記事の中の画像や広告のリンクに、httpのurlが記述されていると鍵マークが表示されないようだ。

Movavle Typeのダッシュボードにある検索/置換機能を使って、全記事の内容を一括置換することでリンク先もhttpsに変更するこが簡単にできた。

ついでにMabe Pageで使っていたcgiカウンタを動作するように変更してBlogに貼り付けてみた。カウントアップが楽しみです。

mabe.jpのアクセスの通信をhttpsにすることでGoogleの検索結果の順位が上がったようです。

ウオッチフェイスを変更する楽しさ

| コメント(0) | トラックバック(0)

2014年12月に買ったSONYのスマートウォッチを使っている。

5年経った今でも機能的には最新モデルとそれほど変わっていない。

これまでの腕時計と比べて、長期間使い続けていると思う。

同じスマートウオッチを使い続けいているが、ウオッチフェイスのデザインは定期的に変更している。

最近使っているデザインをキャプチャしたので紹介しょう!

screen1.png

まずはシンプルな黒い背景のウオッチフェイス。

時計の電池残量、スマホの電池残量、曜日、日付、デジタル時計を表示している。

表示しようと思えば、天気や気温を表示することも可能である。

screen2.png

次に,Toro Rosso仕様のウオッチフェイス。

CASIOのEDIFICEが欲しいところであるが、これで満足できた。(笑)

screen3.png

最後に、Red Bull HONDA仕様のウオッチフェイス。

先日のF1 オーストリアGPは、この時計をして応援をしていた。

予選2位からのスタートで少し期待していたが、まさか優勝するとは!

とてもワクワクする記憶に残るベストレースだった。

「mode 11に入れろ」からの怒涛の追い上げ凄かった。「mode 11」は、今年のF1流行語大賞に間違いない。

F1の話で脱線してしまったが、ウオッチフェイスのデザインを自由に変えられる事は、スマートウオッチを飽きずに使い続けるための大きな要素である。

Bluetoothヘッドフォンの弱点を克服したモデル

| コメント(0) | トラックバック(0)

Bluetoothヘッドフォンを使っていて困るのは電池切れである。誰もがスマホやタブレットで観ている映画の途中で電池切れが発生して、視聴を断念された経験があるのではないだろうか?

これまでBluetoothヘッドフォンをいくつか購入してきたが、4?5時間が電池の持続時間だった。

20190623_211936.jpg今回購入したSONYのBluetoothヘッドフォンのWI-C400は、なんと最大20時間の連続再生時間である!

この連続再生時間は、首掛け式のデザインにより大きなバッテリーを搭載して実現していると思われる。

実際にこのBluetoothヘッドフォンを休日の朝から晩まで装着して、音楽を聴いたり映画を観たりしても電池切れは発生しなかった。

この首掛け式のデザインは、安定して装着できて、耳からイヤホン部分が引っ張られるようなこともない。

Bluetoothヘッドフォンで重要な受信感度も、これまで使ってきた中で一番良い。恐らく、首掛け式デザインの中に搭載されているアンテナの性能が良いのだろう。家の中だったら、どの部屋に行ってもbBluetoothの接続が切れる事はない。家の中に置いてあるタブレットで再生した音楽を、家の外で車を洗いながら聴く事だって可能だった。

最近のiPhoneのように3.5mmのヘッドフォン端子が無いスマホを使っている人に是非お勧めしたい。

EvernoteからOneNoteに鞍替えしたわけ

| コメント(0) | トラックバック(0)

備忘録としてEvernoteを使い続けてきたが有料プランでないと色々と制限が付くようになったので代替のサービスは無いかと思っていた。

最近、会社で使っているOneNoteの使い方に慣れてきたので、EvernoteのデータをOneNoteに移行して使ってみることにした。

Windows10に付属するOneNoteから、データは必ずOneDriveに保存される仕様に変わったので、Evernoteと同じように複数の端末でクラウド上のデータを共有できる。

データ移行は、Microsoftが専用ツールを使って簡単にできた。

Evernote のコンテンツを OneNote にインポート - Microsoft OneNote

OneNoteは、私の持っているHuawei MediaPad M5 liteの手書き入力とも相性が良いようである。他のアプリ(例えば、Google Keep)は、ペンを持つ手のひらが液晶面に触れると描画の反応をしてしまうが、OneNoteはペン先だけが描画に反応しているようである。

スマホ、タブレット、PCでデータを共有できるのは便利である。

忘れないように紙に書いて残していたモノをOneNoteに書くようにすれば、スマホでいつでも見ることができて、検索もできてしまうので、使う事をお勧めします。

カーオーディオのAUX入力でBluetooth FMトランスミッターのノイズ対策

| コメント(0) | トラックバック(0)

私の愛車は2003年式のため、カーオーディオユニットも古く、CD-RのMP3再生に対応しているが、BluetoothやUSB接続には対応していない。

最近は、CDを再生して音楽を聴くとはほとんど無く、Bluetooth FMトランスミッターを使って、スマホの音楽再生をBluetoothで接続し、FMトランスミッターでFM電波に乗せて、カーオーディオのFMラジオで受信して聞いていた。

この使い方で、スマホとカーオーディオユニットを有線で接続せずに、ワイヤレスの音楽再生を実現できていた。しかし、FMトランスミッターでFM電波に変換するため、FM電波の受信によるホワイトノイズが入ったり、同じ周波数のFMトランスミッターを使っている他車と混信することがあった。

CD-RB10互換ケーブル.jpgカーオーディオユニットの前面にAUX入力にが無いので、有線接続を諦めていたが、パイオニアのカロッツェリア用の別売りケーブル(CD-RB10, CD-RB20)を購入すると、背面のコネクタに接続してAUX入力が使えることが分かった。

早速、Amazonでケーブルを検索し、純正品は3千円くらいするが、社外同等品が半額以下であったのでそちらを購入した。

取付は、嵌め込まれているカーオーディオのパネルを、内装外しのヘラを隙間に差し込んで外し、カーオーディオユニットの取付ネジを外せば、カーオーディオユニットの裏面にアクセスできるので、コネクタにケーブルを接続するだけである。

ケーブルは、カーオーディオのパネルの裏から助手席側の隙間に通して、bluetooth FMトランスミッターの外部出力端子に接続した。これで、FMトランスミッターを使わず、カーオーディオユニットのAUXに有線で接続することができた。

パネル外し後.jpgAUXコネクタ1.jpgAUXコネクタ2.jpgAUX出力.jpg

BT入力.jpg

最後に、カーオーディオユニットの設定で、デフォルトで無効となっていたAUXのソース選択を有効にし、外部入力とラジオの音声レベルの差をSLA(Source Level Adjust)で調整し、AUXの表示を"BT"に変更してみた。これで、カーオーディオユニットがなんちゃってBluetooth対応とすることができた。(笑)

僅かな出費で、カーオーディオユニットがBluetooth対応と同等の使い勝手でノイズレスで再生できるようになったで大満足である。Bluetooth対応のカーオーディオユニットを購入を検討していたが、しばらくはこれで十分だと思っている。

サイトのhttps化とMovable Type 7へのアップデート

| コメント(0) | トラックバック(0)

最後にブログを更新したのは2015年9月だったので、長い間この場所を放置してしまった。

世の中はセキュリティ対策が厳しくなり、httpのWebサイトを見かける事が少なくなってきた。

私のWebサイトも時代に乗って、https化することにしました。

https化するには認証局からSSL証明書を発行してもらわなければならないのだが、私がレンタルしているサーバのさくらインターネットは無料SSL証明書が使えるようになっていました。申請したら本当に簡単にサイトをhttps化することができました。

ついでに、このブログのプラットフォームであるMovable Typeを6から7にアップデートしました。ブログのプラットフォームのセキュリティサポートもこれで安心です。

Movable Type 7にした事で、ブログ管理が便利になった事と、記事を作成するエディタの機能が豊富になりました。

最初にブログを始めた頃は、Movable Type 3だったと思いますが、エディタの機能はかなり改善されていますね!

ブログを開設する前はhtmlエディタを使って、ホームページを作成していたのですが、そのホームページも2007年3月の更新を最後に放置されています。

そのホームページに、私が2006年に欲しいと思っていたモノのリストが載っていました。とても懐かしいですね。ほしいもの!

ブログの更新は、生活に余裕が無いとできませんが、昔のように日記を書くつもりで楽しい記事を増やしていきたいと思います。

iPhone用Android WearでSmartWatch3とペアリング

| コメント(0) | トラックバック(0)

iPhone_AndroidWear.jpg電池の異常消費とそれによる異常発熱で困っていたSONYのSmartWatch3だが、最近のAndroid Wearと本体のシステムアップデートで問題は発生しなくなり、電池を気にすることなく1日使えるようになった。

そして9月に、まさかのiPhone用Android Wearがリリースされていたので、興味本意でiPhoneとペアリングしてみた。
ペアリングする場合は、SmartWatch3本体の初期化をしなければならないのだが、SmartWatch3の中にはバックアップするような情報は記憶されてないし、再ペアリングすれば元に戻るので気にすることはない。私の場合、SmartWatch3本体に音楽データを入れて音楽を聴く使い方はしていない。

iPhoneとSmartWatch3をペアリングして使ってみて思ったことは、Androidとペアリングして使っているのと使い勝手は大きく変わらない。Android Wearが得意とすのは、ペアリングしている本体の通知を腕時計の表示で確認することだが、AndroidでもiPhoneでもスマホの通知に変わりない。iPhoneとペアリングするとiPhoneの通知センターの内容が表示されるようになる。

基本的に通知を見るだけなのだが、いくつか特別な操作ができる通知の機能がある。
1.電話の着信通知:本体で電話を受ける(SmartWatch3で通話はできない)
2.Gmailのメール受信通知:音声入力でメール返信できる、メールの既読と削除ができる
3.本体で再生している音楽の曲名表示通知:ボリューム変更と曲送りができる
これ以外の特別な通知は1日使った限りでは気付かなかった。

本体のみで出来る事は、
アラーム
ストップウォッチ
タイマー
ライト
リマインダー
歩数計

ペアリングして出来る事は、
Google検索(音声入力)
天気
翻訳(2言語相互翻訳)
予定リスト(Googleカレンダー、Appleカレンダーの選択可能)

iPhoneとペアリングして使って残念なのは、
SMS受信通知に対して返信が出来ない。
ウオッチフェースが少ない。
アプリのインストールが出来ない。
Androidとのペアリングよりも電池消費が早い(1日使用した実績結果)

この点を許容出来るのであれば、
iPhoneとSmartWatch3をペアリングして便利に使えると思う。

初音ミクのカード終了

| コメント(0) | トラックバック(0)
Fotor_143697069204910.jpgファミリーマートの初音ミクのクレジットカードを使っていたが、店頭のレジで磁気が読めずエラーになってしまうようになった。 店員も自分もストレスなのでカードの裏に書いてある問い合わせ先に電話して新しいカードを発行してもらった。 届いたのは普通のデザインのファミマTカードだった。もしかして初音ミクのカードの発行は終了してるのかな? 初音ミクのカードだけの特典とかもあったはずだけど。。。
プレミアム バンダイ
MABE BLogケータイサイト

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.1.2