Microsoft Store (マイクロソフトストア)

ホッチキスのリムーバーを購入

| コメント(0) | トラックバック(0)

20190817_154955.jpg

ホッチキスにもリムーバー機能が付いていますが、専用のリムーバーなら、もっと楽にホッチキスの針を外すことができます。

今回購入したリムーバーは、外した針を本体内に収納できるようになっているので、纏めて捨てることができて便利です。

ドライブレコーダー購入と取付け

| コメント(0) | トラックバック(0)

連日、常磐道の煽り運転の報道が続いています。

自己防衛のために、妻の乗る車にもドライブレコーダーを装着することにしました。

前回のブログ記事に書きましたが、Amazonでの購入で2回連続で不良品を掴まされてしまい、取付までに2日を無駄にしてしまいました。

20190817_112535.jpg結局、安心の日本メーカー製のドライブレコーダーを購入しました。万が一の時に録画できていなくても困りますしね!

私がドライブレコーダーの必須条件として求めているのは、Wi-Fi接続対応です。

Wi-Fiで接続できることで、スマホの専用アプリでライブ映像や動画ファイルの再生が出来るので、本体のモニタが小さいことが気にならなくなります。また、SDカードを取り出してSDカードアダプタ経由でPCに取り込まずとも、スマホに動画ファイルダウンロードできます。

今回取り付ける車は、中古で購入したのですが、ドライブレコーダー用と思われるケーブルがルームミラーの後ろに出ていましたが、ドライブレコーダーは付いていませんでした。まずは、このケーブルが何であるかを調べるところから始めました。Aピラーの内装を外し、グルーブボックスを外し、オーディオパネルを外し、エアコン吹き出しダクトを外すと、その裏に配線が収まっていました。取り付けられていたケーブルは12V電源にギボシ端子で接続されていました。

20190817_155031.jpg20190817_155903.jpg今回のドライブレコーダーは、5V電源をシガー電源アダプタから供給するタイプのため、ロック式のシガーソケットを購入してギボシ端子を取り付けて、代わりに12V電源に接続することにしました。GNDはカーナビの筐体にネジ止めすることにしました。

20190817_160709.jpgドライブレコーダーの配線は、ユニタイを使って既存の配線に沿わせてオーディオパネルの裏側まで引き込みました。

配線ぐちゃぐちゃですが、作業完了後はそのまま元に戻しました。(笑)

フロントガラスに装着した状態はこんな感じです。本体が小さいので、視界の邪魔にならず良いです。台座は上下左右に角度を自由に変えられるタイプなので、装着後に撮像範囲を調整できます。

ドライブレコーダーの性能は、1920X1080HD録画、WDR対応、水平画角114度、32GBで5時間録画となっています。録画した動画を見て、以前に購入したドライブレコーダと比較して、画角が少し狭いのとレンズの周辺減光が気になりました。

付属品として8GBのSDカードが付属していましたが、別途購入した32GBのSDカードを装着しました。

今回のドライブレコーダーの購入と同時に5年保証のオプションを635円で購入しました。日本メーカーの製品だからこそ加入できるオプションなんですね。たぶん。

今回の買い物で、海外メーカーの製品は当たり外れがあること、日本メーカーの製品の価格は高いが、安心を買う意味で仕方がないということを学びました。

20190817_173903.jpg

ドライブレコーダー購入失敗の話

| コメント(0) | トラックバック(0)

Amazonでドライブレコーダーを3日連続で発注することになりました。

理由は、製品不良での返品です。

1台目:本体をフロントガラスに貼り付ける台座の付属品が欠品
2台目:充電ができない

返品した2つの製品は、中国の異なるメーカーのものです。こんな事あるんですね。値段が安かったのですが、品質チェックのコストを省いているのでしょうか?

返品の手続きは、Amazonの購入履歴からパソコンで簡単にできました。

  1. 返品ボタンを押して返品用の画面を表示
  2. 返品理由を選択してコメントを記入
  3. 返送品に同梱するバーコードをプリンタで印刷
  4. ゆうパックの着払いのリンクから集荷の依頼

簡単に返品できるとはいえ、返品なんて無い方が良いに決まってますけどね。

3つ目の製品は、日本メーカーのJVC KENWOODにしてみました。価格は、返品した製品の約2倍でした。購入時に+635円で5年保証に入ることができました。値段は高いですが、安心を買ったと思えば、日本メーカーの選択は有りですね!

まだ製品は届いていませんが、日本メーカーなので、もう返品は不要だと期待しています。きっと性能や操作性も良いと思ます。

nasneの内蔵HDD交換?

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、PS4の内蔵HDDをSDDに交換したので、内蔵していた2.5インチの1GB HDDが余ってました。

nasneの外付けHDDを交換することに成功したので、nasneの内蔵HDD 500GBを余っている1GB HDDで交換することにしました。

20190803_081323.jpgnasneの筐体は、隠し蓋の下の4つのネジを外して、ツメで嵌っている部分を外せば開けることができました。ツメの部分を外すのはちょっと大変でした。

nasneの内蔵HDDを固定している4本のネジを外して取り外し。

nasneの内蔵HDDを外付けHDDケースに入れて、PCに接続しましたが、Windowsで認識できるフォーマット形式で中身を確認することができませんでした。20190803_082700.jpg

PS4から外した内蔵1GB HDDも外付けHDDケースに入れました。それぞれの内蔵HDDの状態をCrystalDiskInfoでチェックしました。

nasne.pngps4.png

nasneの内蔵HDDの使用時間は、57,652時間。PS4の内蔵HDDの使用時間は、411時間でした。nasneは365日24時間連続で稼働しているので、使用時間は増えてしまいますね。HDDの平均寿命は10,000時間とされているようなので、nasneの内蔵HDDはやばい時期になっていると考えられます。

hdd_copy.png内蔵500GB HDDの中身をHDDコピーツール「EaseUS Todo Backup(free)」を使って1GB HDDに丸コピーしました。時間は8時間くらいかかりました。

丸コピーしたHDDをnasneの基板に取り付けて、とりあえず電源を入れてみました。

しかし、LEDが点滅して正しく起動しません。

おかしいと思い、インターネットを検索してみると、nasneの内蔵HDDは交換できないという情報が!

nasneの内蔵HDDを元に戻して、筐体を閉じました。

今回の交換作業は大失敗。事前調査はしっかりすべきという教訓を得ました。

初期のnasneはファームをダウングレードして内蔵HDDを交換できるとの情報もあるので、機会があれば試してみたいと思います。

エアコン室外機の温度対策

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年も暑いですね。

外気温が高いためか、エアコンの冷気が弱い気がします。

20190810_084731.jpg我が家の室外機は、家の南東の角の東側に置いているため、日中は直射日光が当たって、筐体がとても熱くなっていました。

そこで、筐体の温度上昇を避けるための日除けグッズを買ってみました。

付属のベルトを使って室外機に簡単にしっかり固定することができました。

20190810_084832.jpg取説によると、室外機の温度を最大16℃下げる効果が期待できるようです。

取付後は、冷気が強くなった気がします。電気代にも貢献するのではないでしょうか?


mabecchi (2019年8月 9日 22:44) | コメント(0) | トラックバック(0)

PS4の内蔵HDD交換はSONY公認で簡単にできるらしい。

HDDからSSDに交換すると、ゲームの読み込み速度が劇的に速くなるらしい。

ということで、HDDからSSD換装に挑戦してみた。

20190803_005811.jpg早速、ADATAのSSD 960GBモデルを購入。

作業の開始前にHDDに保存されたゲームデータはPlaystationのサイトを見てバックアップしてください。

また、交換後にシステムソフトウェアをインストールする必要があるため、Playstationのサイトからアップデートファイル(再インストール用)をUSBディスクにダウンロードしておく必要があります。決められたフォルダを作ってその中に入れないとダメなので注意してください。

PS4の内蔵HDDは、爪で止まっているカバーを外して、ネジを1本外せば簡単に取り出すことができた。20190803_005258.jpg

取り出したHDD基板から4本のネジを外してHDDとコネクタを外し、逆の要領でSSDを取り付け、HDD基板を本体に戻せば作業完了。

電源を入れるとセーフモードで起動するので、USBディスクを挿してアップデートファイル(再インストール用)をインストール。

実は、何も考えずにHDDからSDDに交換する作業を開始してしまった。一度、HDDを本体から外すとセーフモードでしか起動しなくなってしまい非常に焦った。

幸いに、我が家には2台のPS4があるため、もう1台のPS4から移行作業する事でセーブデータを簡単に引き継ぐことができた。Playstation Plusに加入している人なら、自動でゲームデータがセーブされているから、データのバックアップ作業は不要かもしれません。

PS4のSSD交換は大成功!

Google Home miniの壁掛けホルダー

| コメント(0) | トラックバック(0)

20190723_002237.jpg目覚まし時計型のホルダ?に装着していたのですが、安定が悪くて倒れてしまうのが難点でした。

Amazonで売られている壁掛け式ホルダーを購入してみました。

この壁掛け式ホルダーは、コードを纏めてコンセントに挿して壁に固定する仕組みになっています。

部屋の中で空いているコンセントを確認してみると、壁の上部にコンセントが用意されていました。これはエアコン用なのですが、エアコンを設置していないので空きとなっていたのです。Google Home miniの操作は、全て音声で可能なので、手が届かない所に設置しても問題ないと思いました。

一つだけ注意して欲しいのは、エアコン用の電源は200Vに変更されてい場合があるので、取り付ける前に100Vであることを確認した方が良いです。

部屋の上部の壁に設置したことで、20190723_003242.jpg

  1. 電源ケーブルの取り回しがすっきり
  2. 音声が部屋のどこからでも聞きやすい
  3. LED表示のどこからでも見やすい

という良い事しかありませんでした。

Google Home miniの壁掛けを検討してみてはいかがでしょうか?

nasneの容量不足対策

| コメント(0) | トラックバック(0)

nasneを発売当初から愛用しています。

現在、我が家には2台のnasneがあり、2番組を同時に録画できるようになっています。

nasneはファームのアップデートで3000番組まで録画できるようになったのだが、録画を消さずに放置していると残量が不足で録画できなくなります。

初期型500GBモデルに外付け2TBのHDDを増設し、買い増しした1TBモデルに未使用だった外付け250GBのSDDを増設していた。250GBのSDDは暫定的な対応だったので、付け電源不要で発熱が少ない2TBの2.5インチHDDを購入して交換してみました。

まずは新しく買ったHDDを2.5インチ外付けケースに入れ、PCに接続してディスクの管理でドライブとして認識できるようにしました。

nasneの外付けを250GB SDD->2TB HDDへのデータコピーは、恐らく普通にコピーすると正しく再生できないのではないかと思い、SDDを購入したときに付属してたAcronis True Imageを使ってSDDの中身を丸ごとコピーしてみました。コピーには4時間くらいかかるので、時間に余裕を持って作業することをお勧めします。

HDDを丸ごとコピーするソフトは、 EaseUS Todo Backup Free を使うのも良いと思います。

無事にコピーを完了し、外付けにコピーした2TB HDDを接続すると、これまでに録画した番組が無事に再生できました。数%しかなかった空き容量は60%にまで回復しました。

nasne、ついに出荷完了。発売から約7年、後継機は未定 - AV Watch

というニュースが舞い込んできました。

20190728_204044.jpg最初に買ったnasneの500GBモデルは7年も使っているんだな。内蔵HDDの寿命が少し心配です。nasneが壊れてしまったら大問題ということで、ヨドバシカメラで3台目を予備として購入しました。

次は最初に買った500GBモデルの内蔵HDDの交換作業をしてみたいと考えています。

TPMSを装着してみました

| コメント(0) | トラックバック(0)

TPMSって知ってますか?

常にタイヤの空気圧をチェックする装置がTPMS(Tire Pressure Monitoring System)です。海外ではメーカに装着が義務化されているそうです。

タイヤ空気圧をチェックする装置が無いかとAmazonで検索したら、お手頃価格の製品がたくさんヒットしました。

20190720_175425.jpg

ヒットした製品を見ると、同じような液晶とソーラ充電でタイヤのバルブにセンサを装着するタイプでした。筐体は違いますが同じ会社のシステムを使って製造しているのではないかと思います。

本体をダッシュボードに置くタイプとフロントウィンドウに貼るタイプがあるのですが、フロントウィンドウにサンシェードを使ってもソーラー充電に影響のないフロントウィンドウに貼るタイプを購入しました。

タイヤのバルブのキャップを外し、付属のナットは嵌めて、センサをキャップの代わりに取付け、予め嵌めていたナットを付属のスパナで固定します。固定用ナットは盗難防止になっています。

20190720_175212.jpg

装着前に2時間程度USBケーブルで充電しましたが、フロントウィンドウに装着後はソーラー充電だけ動作可能でした。

車に乗り込んだ時に空気圧を確認できるのは安心です。給油時にガソリンスタンドの空気入れでタイヤの空気圧を確認する必要が無くなりました。

日本車にも装着が義務化されたら良いのにと思います。

インプレッサ(GC8)のフロントスピーカー交換

| コメント(0) | トラックバック(0)

20190720_121919.jpg実はフロントスピーカーが壊れて音が出ない状態でした。

AVメインユニットの交換をしたので、フロントスピーカーも交換することにしました。

GC8のフロントスピーカーは16cmなので、Pioneer Carrozzeria TS-F1640をAmazonで購入。トゥイーター部とウーファー部が一体化されたコアキシャルタイプにしてみました。

20190720_114729.jpg

インターネットの記事を参考に、内装を剥がす作業を実施。簡単に内装を剥がすことができました。

スピーカーのコネクタを外して、ネジ3本を外してスピーカーを取り外すことができました。

20190720_114704.jpg20190720_122020.jpg装着されていたスピーカーは、写真のようにコーンや基板が腐食した状態でした。これじゃ音が出ないのは当然です。

20190720_113832.jpg

新しいスピーカーを接続するのに問題が発生!

新しく購入したスピーカーは、各メーカーで異なるコネクタ形状に対応できるようにアダプタが付属しているのですが、GC8のコネクタの側面にあるドアに固定するボスと干渉して嵌めることができませんでした。対策として、スピーカーに付属していたコネクタの干渉する部分をカッターでカットすることで、無事にコネクタを嵌めることができました。

20190720_120016.jpg

無事に新しいスピーカーをコネクタで接続してネジで固定。音楽を再生して音が出ることを確認した後、内装を外した時と逆の要領で装着して作業完了。

今まで、リアスピーカーからしか音が出ていなかったのが、フロントスピーカーからも音がでるようになり、臨場感のある音楽再生ができるようになりました。

大満足です。

プレミアム バンダイ
MABE BLogケータイサイト

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.1.2