Microsoft Store (マイクロソフトストア)

ウオッチフェイスを変更する楽しさ

| コメント(0) | トラックバック(0)

2014年12月に買ったSONYのスマートウォッチを使っている。

5年経った今でも機能的には最新モデルとそれほど変わっていない。

これまでの腕時計と比べて、長期間使い続けていると思う。

同じスマートウオッチを使い続けいているが、ウオッチフェイスのデザインは定期的に変更している。

最近使っているデザインをキャプチャしたので紹介しょう!

screen1.png

まずはシンプルな黒い背景のウオッチフェイス。

時計の電池残量、スマホの電池残量、曜日、日付、デジタル時計を表示している。

表示しようと思えば、天気や気温を表示することも可能である。

screen2.png

次に,Toro Rosso仕様のウオッチフェイス。

CASIOのEDIFICEが欲しいところであるが、これで満足できた。(笑)

screen3.png

最後に、Red Bull HONDA仕様のウオッチフェイス。

先日のF1 オーストリアGPは、この時計をして応援をしていた。

予選2位からのスタートで少し期待していたが、まさか優勝するとは!

とてもワクワクする記憶に残るベストレースだった。

「mode 11に入れろ」からの怒涛の追い上げ凄かった。「mode 11」は、今年のF1流行語大賞に間違いない。

F1の話で脱線してしまったが、ウオッチフェイスのデザインを自由に変えられる事は、スマートウオッチを飽きずに使い続けるための大きな要素である。

コメントする

プレミアム バンダイ
MABE BLogケータイサイト

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、mabecchiが2019年7月 3日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Bluetoothヘッドフォンの弱点を克服したモデル」です。

次のブログ記事は「mabe.jpをhttps化してChromeのurl欄に鍵マークを表示する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 7.1.2