Microsoft Store (マイクロソフトストア)

EvernoteからOneNoteに鞍替えしたわけ

| コメント(0) | トラックバック(0)

備忘録としてEvernoteを使い続けてきたが有料プランでないと色々と制限が付くようになったので代替のサービスは無いかと思っていた。

最近、会社で使っているOneNoteの使い方に慣れてきたので、EvernoteのデータをOneNoteに移行して使ってみることにした。

Windows10に付属するOneNoteから、データは必ずOneDriveに保存される仕様に変わったので、Evernoteと同じように複数の端末でクラウド上のデータを共有できる。

データ移行は、Microsoftが専用ツールを使って簡単にできた。

Evernote のコンテンツを OneNote にインポート - Microsoft OneNote

OneNoteは、私の持っているHuawei MediaPad M5 liteの手書き入力とも相性が良いようである。他のアプリ(例えば、Google Keep)は、ペンを持つ手のひらが液晶面に触れると描画の反応をしてしまうが、OneNoteはペン先だけが描画に反応しているようである。

スマホ、タブレット、PCでデータを共有できるのは便利である。

忘れないように紙に書いて残していたモノをOneNoteに書くようにすれば、スマホでいつでも見ることができて、検索もできてしまうので、使う事をお勧めします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.mabe.jp/cgi-bin/mt7/mt-tb.cgi/1734

コメントする

プレミアム バンダイ
MABE BLogケータイサイト

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、mabecchiが2019年6月17日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カーオーディオのAUX入力でBluetooth FMトランスミッターのノイズ対策」です。

次のブログ記事は「Bluetoothヘッドフォンの弱点を克服したモデル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 7.1.2