Microsoft Store (マイクロソフトストア)

Bluetoothヘッドフォンの弱点を克服したモデル

| コメント(0) | トラックバック(0)

Bluetoothヘッドフォンを使っていて困るのは電池切れである。誰もがスマホやタブレットで観ている映画の途中で電池切れが発生して、視聴を断念された経験があるのではないだろうか?

これまでBluetoothヘッドフォンをいくつか購入してきたが、4?5時間が電池の持続時間だった。

20190623_211936.jpg今回購入したSONYのBluetoothヘッドフォンのWI-C400は、なんと最大20時間の連続再生時間である!

この連続再生時間は、首掛け式のデザインにより大きなバッテリーを搭載して実現していると思われる。

実際にこのBluetoothヘッドフォンを休日の朝から晩まで装着して、音楽を聴いたり映画を観たりしても電池切れは発生しなかった。

この首掛け式のデザインは、安定して装着できて、耳からイヤホン部分が引っ張られるようなこともない。

Bluetoothヘッドフォンで重要な受信感度も、これまで使ってきた中で一番良い。恐らく、首掛け式デザインの中に搭載されているアンテナの性能が良いのだろう。家の中だったら、どの部屋に行ってもbBluetoothの接続が切れる事はない。家の中に置いてあるタブレットで再生した音楽を、家の外で車を洗いながら聴く事だって可能だった。

最近のiPhoneのように3.5mmのヘッドフォン端子が無いスマホを使っている人に是非お勧めしたい。

コメントする

プレミアム バンダイ
MABE BLogケータイサイト

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、mabecchiが2019年6月24日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EvernoteからOneNoteに鞍替えしたわけ」です。

次のブログ記事は「ウオッチフェイスを変更する楽しさ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 7.1.2