文房具の最近のブログ記事

ハイグレード仕様のクルトガ(KURUTOGA)

| コメント(0) | トラックバック(0)
200906201635_085.jpgハイグレード仕様のクルトガが売っていたので、息子に買ってあげた。勉強をしっかりやれよ。
通常のクルトガとの違いは、
・低重心設計による安定した筆記感を実現する重厚な口金
・従来にない新しい感触のアルミウェーブグリップ
・上質感と強度をあわせもったメタルクリップ
とのことだ。
確かに、息子が使っていたクルトガのクリップは折れて無くなってた。
息子はペン回しがしやすいと言っていたが、低重心設計のはペン回しのためじゃないから(笑)
値段はちょっと高めの838円で購入。通常のクルトガの倍の値段。


スリムな3色ボールペン&スタイラス

| コメント(0) | トラックバック(1)

200903160105_027.jpg

1本で複数色の色が使える多色ボールペンは便利だ。でも構造上、どうしても太かった。
ZEBRAから発売されているクリップオン スリムはそんな常識を覆した優れものだと思う。
とてもスリムで多色ボールペンに見えない。
4色と3色のどちらにするか迷ったが、少し細い3色の3Cを購入してみた。
これまで愛用していたSK-シャーボ+1と並べて写真を撮ってみた。SKシャーボ+1は、シャーペン+2色ボールペンなのだが、クリップオン スリム3Cの方が細い。あまり、シャーペンの機能は使わないので、これからは3Cを使っていこうと思う。

200903222232_050.jpg
さらに3Cをカスタマイズするということで、青色のボールペン芯をスタイラス芯に交換してみた。
スタイラス芯はZEBRAのインターネット通販サイトでしか購入できない品である。
以前にZEBRAのお客様問い合わせ窓口に、シャーボ用のスタイラス芯は発売しないのかとメールで問い合わせたことがあったのだが、営業担当の方から交換用のスタイラス芯が発売されましたとの返事をいただいて知ったのだ。
クリップオン スリム3CさえあればNintendo DSやPDAの入力にも使えてしまうぞ!

クルトガ

| コメント(0) | トラックバック(0)

KURUTOGA.jpg

人気のクルトガ(KUROTOGA)とは?
文字を書くたびに芯が自動的に回転して、常に芯先が円錐になるようにすり減っていく機構を搭載しているシャープペンシルなのだ。

以前にTSUTAYAの文房具売場に売られていて、すごく欲しくなったのだが買わず、次の週に買いに行ったら売り切れていた。

たまたま近所のD.I.Y.ショップに行ったら、文房具売り場で売っ
ているのを発見。迷わず購入。

さっそく家に帰って紙に書いたら、確かに芯先は円錐に尖るように減っていた。
シャープペンシル愛用派は使ってみることをお勧めする。

私が買ったクルトガは息子が欲しがったのであげた。まぁ、これで少しでも勉強が楽しくなってくれたらいい。
娘も欲しがったので今度買ってあげると約束した。売り切れてなければいいんだけど。

「シャーボ」懐かしさのあまり購入

| コメント(0) | トラックバック(0)

時間が空いていたので文房具売り場で暇をつぶしていた。
そこで見つけたの「シャーボ」。
私がまだ子供だった頃、シャープペンシルとボールペンが一体になった「シャーボ」のCMを見て、欲しいと憧れたものだ。
その当時は高価な筆記用具だったと思うが、現在は470円で購入できた。
材質はプラスチック製で、3色ボールペンのような雰囲気。

3000円くらいの箱入りの高級なシャーボも売られているようだ。
こちらは入学祝として贈り物になっているのだろう。

06-01-27_01-19.jpg

ログイン状態
MABE BLogケータイサイト
フレンドコード 3480-3353-1105

2015年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち文房具カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは病気です。

次のカテゴリはAndroidです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1